外国人技能実習生制度
当組合では現在7名の実習生が
日本の農業を学びながら
ネギ栽培に就業しています。
外国人技能実習制度は、日本の企業(農家)において中国、カンボジア、ベトナムなどの若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じて技術や技能・知識を学び、帰国後に母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。 六次産業協同組合では、中国からの実習生を受け入れております。入国した実習生は当組合と雇用関係を結び、1年間から3年間の技能実習が可能となります。技能実習生は、日本の労働基準法に基づいた雇用契約の下で受け入れます。
海外の発展途上国の意欲的な若者を組合が受け入れ、組合員の企業・農家にて研修教育を実施。 企業・農家の活性化と国際化を推し進めていきます。
技能実習の
メリット
制度の概要
受け入れ方式について
外国人技能実習制度では、受け入れる方式には、「企業単独型」と「団体監理型」の2つのタイプがあります。当組合は「団体監理型」となります。
滞在期間(技能実習2号への移行)について
電話お問合わせ
メールお問合わせ